早漏防止効果のポゼットやパキシルとかゆみ止め

早漏を改善させる期待が持てるポゼットは、主成分がダポキセチンで脳内の自律神経に働きかけ、ノルアドレナリンを抑制することができるセロトニンを増やしてくれます。ノルアドレナリンが少なくなれば興奮状態から正常な状態に近づくため、性的興奮も弱まることで射精までの時間を長くしてくれます。個人差がありますが、3倍から4倍程度はこれまでよりも長くできる可能性があります。高い効果を期待する人は空腹時に服用したほうが良く、初めてで心配な人は1錠を半分にカットして使ってみると良いです。

同じようにセロトニン濃度が高まる薬にパキシルがあり、うつ病治療に処方されている薬であるため、早漏改善に利用を考えている人は医師に確認してから用いるべきです。パキシルは早漏治療薬と違って、毎日飲み続ける必要がある薬で、服用後効果が出始めるのは2週間ほどかかります。ポゼットは性行為の90分ほど前に飲めば効果が期待できるため、すぐに効果を得たい人はポゼットなど早漏治療薬として処方することができる薬を選んだ方が良いです。

内服することを避けたい人は、ペニスに塗り薬を用いる方法があります。クリニックで処方を受けることが面倒だったり恥ずかしい人は、かゆみ止めを代用することができます。かゆみ止めには早漏防止スプレーなどと同じ麻酔剤が含まれていて、成分はリドカインが含まれていることが多くなります。リドカインの作用により感覚が鈍くなり射精までを長くすることができますが、鈍くなった分勃起力が低下してしまう可能性があります。気持ちよさが感じないと勃起につながりにくいためで、早漏防止専用ではないかゆみ止めは工夫して使用しないと逆効果になる可能性があります。

ページトップへ