早漏は回数でカバーできる?射精抑止筋群とポゼット

早漏でも彼女を満足させるには、回数をこなせば良いと考える男性は少なくないようです。確かにSEXの回数をこなせば満足してくれる女性もいるかもしれませんが、SEXは単に回数を増やせば満足度がアップするという単純なことではありません。
男性は、気持ちの良い行為をして射精までたどり着くことが満足の基準になっています。
しかし、女性はじっくりとSEXを楽しむという濃厚さを満足の基準にしているケースが多いです。男性は絶頂期が一度きりしかありませんが、女性は絶頂期を過ぎてもまた刺激を受ければ絶頂期に戻ることができます。
この男性と女性の絶頂期の起こり方に違いがあるため、双方で意見が食い違うというのはよくあることです。
何度も刺激を受けて絶頂期が長引くと、それだけ女性は負担が増えてしまいます。
なので、早すぎるなら回数でカバーすれば良いとは安易に考えないほうが良いでしょう。
早漏予防のためには、射精抑止筋群という筋肉を鍛えるのが有効です。人間には尻尾はありませんが、尻尾を動かすための筋肉は備わっています。この筋肉群は、普段意識しないと鍛えられないところです。
ここを鍛えるには、肛門を締めたり、緩めたりする動作を繰り返すだけでOKです。この動作だけで他に特別なトレーニングは不要なので、気がついた時に肛門のあたりを意識して動かしてみましょう。
薬による早漏改善の方法には、ポゼットを使う方法があります。ポゼットは飲んで使うタイプの薬で、射精をコントロールしている自律神経に働きかけて、感覚を鈍くさせる作用があります。これにより射精までの時間が3~4倍のばせると言われています。
自力でコントロールできない射精を抑えるのに有効です。

ページトップへ