ポゼットが効く仕組みとは

ポゼットが効く仕組みは主に脳内神経伝達物質のコントロールにより性的刺激を感じづらくすることによるものです。 まずポゼットの有効成分はダポキセチンという物質ですが、この薬は脳内において主に興奮を鎮める作用を持つセロトニンの再取り込みを防止する効果があります。 セロトニンの再取り込みとは精神を安定させるために一度分泌されたセロトニンがセロトニン受容体に到着した際に発生する現象で、一度分泌されたセロトニンが再び脳に取り込まれることによって脳全体におけるセロトニンの量のコントロールを行っています。 ポゼットはこのセロトニンの再取り込みを防止するすることで脳全体におけるセロトニンの量を間接的に増やしてやり、これによって脳が感じる興奮などを抑える効果があるわけです。 そしてポゼットに期待される早漏改善については脳が感じる射精感を抑えてやれば良いわけですから、ポゼットはセロトニンを増やして脳が感じる興奮を抑え込むことで早漏の改善という役割を果たしているのです。 こうした仕組み自体はポゼット特有のものではなく、SSRIと呼ばれる抗不安剤にはよく見られるものです。 SSRIが抗不安剤として用いられるのはセロトニンが脳内に増えることによってノルアドレナリンやドーパミンといった 興奮・ストレスを感じさせる神経伝達物質の働きを抑え込むからであり、この仕組みはポゼットと共通していると言えます。 もちろん用途が違う以上は同じ薬であると扱うことは出来ないのですが、同じ作用がさまざまな場面で使用されていることを踏まえると効果自体に危険な部分は少ないと判断出来るでしょう。 特にポゼットの仕組みを見て行く上で「脳に作用する薬というのは危ないのではないのか」と誤解する人は多いため、適切に管理した上で使っているのならば特別危険であるわけではないということは知っておくべきことです。

ポゼットの服用タイミングについて

早漏治療薬のポゼットは、脳内の興奮を抑えるセロトニンの濃度を高めることで射精までの時間を長くします。ポゼットを使えばパートナーも大満足の性行為が出来るので、世界各地の早漏に悩む男性がこの薬の力を利用して性行為に対する自信を取り戻しています。 ポゼットの効果を最大限に利用するためには、服用のタイミングが重要になります。効果が出始めるまでには時間がかかるうえ、効果の持続時間にも限りがあるからです。ポゼットを服用してから実際の効果が現れるまでの時間については、約1時間から3時間程度が必要とされています。個人差はありますが、少なくとも1時間前には服用しておいたほうがいいでしょう。持続時間も5時間程度ですので、性行為のタイミングについては慎重に見計らっておくことが必要です。 もし性行為をはじめる前に効果の持続時間が過ぎてしまった場合でも、追加的に服用するのは避けなければいけません。一日の用量が定められていますので、それを超えた使用は厳禁です。ポゼットとアルコールの相性もあまりよくありませんので、ポゼットを服用する意図がある場合は、お酒を控えめにしておいたほうがいいでしょう。 なおポゼットは、インターネット上の個人輸入代行業者を利用すれば誰でも簡単に購入できます。時間に余裕のない人や、常に常備しておきたい人はこれらのサービスを利用するといいでしょう。ただし安全性がある程度確保されているとはいえ、薬であるからには副作用が起きる場合もあります。持病の治療で他の薬を日常的に服用している人は、飲み合わせによっては危険な場合もあるので注意が必要です。

ポゼットはどの程度効果がある?

ポゼットは有効成分のダポキセチンが性行為に対する緊張感を抑えてくれるため、我慢できず思わず射精してしまうような早漏に効果を発揮します。ダポキセチンは自律神経に作用して興奮や緊張といった精神を静め、落ち着きを司るセロトニンと呼ばれる脳内物質の分泌量を増やす働きをもっています。この作用は抗うつ剤で使用されるSSRIと同じもので、開発経緯が抗うつ剤のためでしたが、早漏の改善効果が認められたことから転用されています。初めて世に出たのはダポキセチンを使用したプリリジーと呼ばれる商品で、同じ成分を使用したポゼットはジェネリック医薬品となります。販売コストが抑えられているため、安価で購入でき日常的に使用することができるので、世界中で人気が高まっています。ポゼットによる早漏の効果は公表されていませんが、同じ成分であるプリリジーの臨床結果からいくつかの効果が確認できます。すでに海外ではいくつかの大規模試験を行っていて、その数は数千人を超えています。ダポキセチンとして30mgを服用した患者で、挿入時間が54秒だった人は2分48秒に、60mgを服用した場合は3分30秒まで延びたと報告されています。およそ3~4倍の数字になっていますが、より効果の大きかった人は6倍近い数字を出したとされています。また、初めて服用した際は2倍程度だったものが、複数回の継続使用によって3~5倍まで効果が増大したという人もいるため、1度ではあまり効果がみられないものの、継続利用によって最大値まで期待できるのではないかと考えられています。ダポキセチンは用量依存性のため、多めに服用すれば高い効果が期待できますが、1日に服用できるのは60mgまでとされるので、用量には十分に注意しなくてはいけません。

ページトップへ